イメージ画像

PANDAちゃん

以前、私はフィアットのPANDAに乗っていました。
買った時にすでに15年落ちくらいになっていたので、とにかくボロい。

夜中ドライブをしていた時にオーバーヒートをしたことは度々、ラジエーターからラジエーター水が少しずつ漏れる状態なので車に水は常備。
高速を走っていた時にサンルーフの幌がはずれてバタバタ状態になって屋根をガムテープで止めたこともあります。
駐車場に停めていたらフューエルポンプが壊れてガソリンが漏れていたこともあります。

どんなときも古い外車なので部品がなく試行錯誤して直していましたが、
ついにエンジンがかからなくなってしまい廃車にしました。
廃車にするまで役6年乗っていましたが、色々と手のかかる車でしたが手のかかる子程可愛く最後廃車のときは寂しかったです。

まだ免許を取って経験が浅い頃、頻繁にタイヤのパンクに悩まされた経験があります。免許を取る時に誰もが習ったはずですが、キープレフトと言う言葉があります。

当時真面目だった私は、いかなる時もキープレフトを意識して走っていたために、路肩にある段差や縁石に良くタイヤをぶつけていたのです。そのために頻繁にタイヤをパンクしていたのですが、ホイールまでぶつけてしまい高い出費となった事があります。

タイヤだけであれば修理もできますし、交換してもそれほど高くはないですが、アルミホイールは一度変形させると修復ができない物だと言うことをこの時初めて知ったのです。これ以来、キープレフトも極端すぎるのはよくないと思い適度に走ることを覚えました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年7月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ