イメージ画像

ホンダストリーム

ホンダの人気ミニバン、ストリームはサイズとしては5ナンバーの取り回しが良いミニバンで、ホンダならではの低床プラットフォームによるスタイリッシュデザインがセンスの良さを引き立てています。

ほとんどの立体駐車場において入庫可能な1,545mmの低全高フォルムを実現したのが新型のミニバン、ストリームです。

現在のストリームは2代目で、初代のストリーム同様3列シート7人乗りで、ボディの骨格をより強固にしたこととともに、走行性能も向上させることを実現し、また、フロントサブピラーを廃止したことにより、運転視界も大幅に向上しています。

新開発の直列4気筒SOHC 2L i-VTEC(可変吸気量制御)エンジンとFFモデルはCVT(無段変速)、1.8L i-VTECと5速ATの組み合わせる仕様となっています。

ストリームでは足元の隅々まで平らな床面と3列目の大幅な低床化を実現することで居住性がぐんと向上し、そして、また、尚一層走り心地のいい走行性を生み出す低重心化を達成しています。

グレードは、17インチアルミホイールや専用チューニングサスペンションなどの採用で、よりスポーティな「RSZ」を2L、1.8Lともにラインアップとなっています。

また、専用のエアロダイナミクス装備やブラック基調のインテリアなどがシックな美しさを引き立たせています。

それに、2L搭載の「G」と1.8L搭載「X」。基本はオーディオレスの4スピーカーです。更にメーカーオプション設定として、ドアやテールゲートの施錠/解錠とイグニション操作が行えるHondaスマートキーシステムや、Honda HDDインターナビシステム<リアカメラ付>が選択可能のオプションです。

ストリームでは大容量HDD(30GB)と7インチワイドタッチパネルモニターを装備されていて、携帯電話とのワイヤレス接続を可能にするBluetoothにも対応できるシステムが採用されています。全タイプ、国土交通省「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定を取得し、FF車は「平成22年度燃費基準+10%」を達成している人気のミニバン、それがストリームです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ